玄牝 げんぴん
最新情報
イントロダクション
ストーリー
劇場情報
予告編
スタッフ
コメント
リンク
English
自主上映情報
萌の朱雀、殯(もがり)の森、河瀨直美監督最新作

河瀬監督、神戸アートビレッジセンターにて舞台挨拶!!

2月5日(土)公開初日を迎えた神戸アートビレッジセンター。
河瀬監督が舞台挨拶に駆けつけました。

会場の様子

トーク中の河瀬監督

舞台挨拶が行われた上映回は、あんしんシネマの回。
たくさんのご家族にご来場いただき、会場は大賑わい。

急遽決定した舞台挨拶のため、時間があまりなく申し訳なかったのですが、
その後のサイン会ではたくさんの方にお並びいただき、
河瀬監督とのコミュニケーションや写真撮影と盛り上がりました。

中には吉村医院で産まれたお子様も駆けつけてくれていました!
たくさんのご来場ありがとうございました。

【神戸アートビレッジセンター】※火曜日休館
2/18(金)【 8(火)、15(火)休】まで上映
2/11(金)までの10:30の回は「家族みんなであんしんシネマ」を実施します。

2011年2月8日2:21 AM


苫小牧シネマトーラスで託児付きプレイベント/新潟シネ・ウインドで<あんしんシネマ>実施します

4/9から上映が始まる苫小牧シネマトーラスにて、3月23日(水)10時~「プレ上映会」を行います。
上映後の12時~14時は「玄牝」懇親会を行います!
会場は子育て支援センター2F研修室、映画を見た後、昼食を持ち寄ってお子さんも一緒にみんなでお話しをしませんか? フードコーディネーター磯尾明子さんをゲストにお招きして、身体・心・愛を育てるための食べ物についてお話をしていただきます!
※プレ上映会、懇親会とも託児します。定員は20人、料金はお子様1人500円です。
※詳細はコチラ

また、全国の劇場でご好評いただいている<家族みんなで!あんしんシネマ>を、4月2日(土)から公開となる新潟シネ・ウインドでも実施できることになりました!

また4月17日(日)は、保育&ワークショップ“おしゃべりカフェ”を開催します!
ぜひふるってご参加ください!

※参加方法や詳しいスケジュールはコチラ

2010年12月22日2:13 PM


【レポート】またまた大盛況!11/30(火)吉村正先生来場!!

お客様からかわいいミニブーケを受け取る吉村正先生。この日も吉村節は絶好調でした

11月30日(火)、渋谷ユーロスペースにて吉村正先生による舞台挨拶が行われました。

直前まで開催回が定まらずご迷惑をお掛けしてしまいましたが、
当日は大変沢山の方々にお越しいただきました。

誠にありがとうございました!

「いつの間にか東京まで連れて来られちゃった(笑)」と挨拶された先生は、お客さまに直接感想を質問する等、とても積極的に話されていました。

☆当日の様子を写真にて少しだけご紹介いたします

13時の「あんしんシネマ」の回では親子連れの方々も沢山お越しいただきました。なんと吉村医院で出産されたママたちも岡崎から駆けつけてくれました!

舞台挨拶後は1人1人とお話も。

 

 

 

 
 
 

 

駆けつけてくれた皆さんとパチリ!先生の写真を切り抜いて作った「お手製うちわ」を持っているの、わかりますか?

2010年12月3日12:51 PM


11/25(木)&11/30(火)追加トークイベントの様子をレポート!@渋谷ユーロスペース

11/25(木)には河瀨直美監督が、11/30(火)には吉村医院・吉村正先生が「渋谷ユーロスペース」に来場いたしました!

沢山のお客さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。

それぞれの当日の様子は「最新情報」にてレポートしていますので
ぜひご覧ください!

【レポート】大盛況!11/25(木)河瀨監督と質疑応答!!

【レポート】またまた大盛況!11/30(火)吉村正先生来場!! 

2010年11月29日11:52 AM


【レポート】大盛況!11/25(木)河瀨監督と質疑応答!!

11/25(木)渋谷ユーロスペースにて河瀨監督との質疑応答が開催されました!
(時間が短く、質問をお受けできなかった皆さま誠に申し訳ありませんでした)
少しだけ当日の様子をお伝えいたします。

壇上の河瀨直美監督

11時、13時の回は出産についての質問が多く、19時の回はより映画的な質問が多かったのが印象的でした。(特に19時の回は男性が多く、質問される方も大半が男性でした)

各回共通していた質問は、お母さんの出産に立ち会ったお子さんのその後と、吉村先生のプライベートの描写に関してでした。
特に男性からは、妊婦さんのインタビューはもちろん、どうして吉村先生のプライベートまで撮ることができたのか、という質問が集中しました。

河瀨監督まず私は話をして、相手の話をとことん聞いて、“友達”になります。
カメラで撮影し、作られた映画は時にはその人の人生を傷つけてしまう可能性があります。
そういうことを、私はフィクション(劇映画)でもノンフィクションでもしたくない。
ですので、信頼関係を作ってから、カメラを回すことを心がけました。
また、『玄牝』を自然分娩を紹介するだけの映画にはしたくなかったので、
「吉村正」という1人の人間を撮りたいと思っていました。
そのために仮に映画が完成しなくてもかまわないと覚悟をしていたのですが、
それに先生は応えてくださったんです。

また、自然分娩という出産があるということを知らない人も多いと思うので、
こういう形があることをまず知ってもらえたら。
ただ、自然分娩だけが出産ではありません。
『玄牝』のように、お子さんやだんなさんの立ち会いが叶わなかったからといって
気に病まないで欲しい。
「今」がこの先、未来に続いているので、まさに「今」を大事にして欲しい。
毎日育児で大変だと思うけれど、子どもと向き合うこの貴重な時間を楽しんでください。
そしてよかったら、周りの大切な人に『玄牝』を薦めていただけたらと思います

また、13時は恒例の「あんしんシネマ」実施回。
親子でのご来場も今までで一番で、中には生後45日目のお子さんも!
こちらの様子も少しだけご紹介いたします!

お母さん3人×お子さん3人!ママ自身ミニシアターは初めてたっだそうで、「二人目を生む時にはこの子も立ち会わせることが出来たらいいな」と語ってくださいました!

ママ友2人組!「あんしんシネマ」の取り組みを知ってお越しくださいました。お子さん、カメラ目線いただきました!かぶりものもかわいいですね~

同じ助産院のお母さんふたりでお越し下さいました。赤ちゃんはなんと生後45日目!!!映画館デビューですよねきっと!『玄牝』を選んでいただいて光栄です!

3人組でお越しいただきました!イベント「土と平和の祭典」の授乳室で「あんしんシネマ」のことを話している会話を聞いて、来て下さったそうです。これぞまさに口コミ!!ありがとうございます!

お二人は高校生の頃からのお友達だそうです!かわいらしい娘さんはロビーを元気いっぱい歩き回っていました。左側の方は3人目のお子さんを身籠られているとか。元気なお子さんが産まれるよう祈っています!

2010年11月28日3:30 PM